パパイヤレシピ|パパイヤ茶の通販は【寺田農園】9月末~11月中頃までは青パパイヤも販売中です!

パパイヤレシピ

たくさんの調理方法やアレンジレシピを載せましたので皆さんの参考になれば幸いです。
我が家ではスライスしたその状態でドレッシングをかけてサラダに、
毎日調理するメニューの中の具材としてカレー・味噌汁・きんぴら等々和食にも加えております。
味に癖がないので、サラダ・炒め物・煮物・漬物など色々な料理に合います。
三重県立四日市農芸高校の生徒さんに、青パパイヤ料理を作って頂きました。

青パパイヤの料理

青パパイヤの下ごしらえ

青パパイヤを半分にし、中の種を取った状態で内部の白い薄皮をスプーンでそぎ取って下さい。
表面の皮をむいてから千切りにし20分程度水につけ、あく抜きをしましょう。
これで作業は完了です。

沖縄のパパイヤイリチー

<材料>
青パパイヤ1個(約600g)
ニンジン1本(約200g) 
シーチキン1缶 
だしの素(顆粒)1袋
塩・こしょう少々
みりん大さじ2 
<作り方>
①青パパイアはタテに切り、種を取って、せん切りスライサーでせん切りにし、水にさらす。
②にんじんは4cmの長さにせん切りする。にらは4cm長さに切る。ツナ缶は軽く汁をきっておく。 
③フライパンに油を熱し、②のにんじん、水気をきった①のパパイアを炒める。
しんなりしてきたら②のにら・ツナ缶を加え、サッと炒める。 
④だしの素、塩をふり入れて味を調える。

パパイアのシーチキンサラダ

<材料>
パパイア(乾燥)10g
シーチキン1缶
コーン(冷凍または缶詰)20g
枝豆(冷凍)20g
にんじん5g
マヨネーズ大さじ3 

<作り方>
①パパイアを水で戻す。
②コーン、枝豆は湯通しをする。にんじんはゆでておく。
③マヨネーズでにんじん以外のすべての材料を和える。
※お好みで醤油を少し加えると和風になります。

パパイアの筑前煮

<材料>
パパイヤ1/2個
鶏もも肉200g
にんじん60g 
醤油8ml(下味) 、20ml(煮込み)
酒8ml
ごま油16ml
砂糖16g
みりん10ml
<作り方>
①パパイア、にんじんは乱切りに、鶏肉は一口大に切り、酒と醤油をもみ込み、下味をつける。
②鍋にごま油を熱し、鶏肉、野菜の順にいれてさっと炒める。
③だし汁を加え、砂糖、醤油、みりんを加え、落としぶたをして中火で10分煮る。
※だし汁(200ml)を使用して作ると、肉じゃがならぬ肉パパイヤが出来ます! 

パパイアの彩りかき揚げ

<材料>
パパイア1/4個
にんじん1/8本
さつまいも1/8本
たまねぎ1/8個
小エビ(乾燥)1/2袋
卵1個
薄力粉100g
水150cc
<作り方>
①パパイア、にんじんはせん切りに、さつまいもは0.5cmの角切りに、玉ねぎは薄切りにする。
②天ぷら粉の材料を混ぜる。
③材料をすべて②の中に入れて、混ぜ、170℃~180℃の油で揚げる。
④好みで天つゆをつけて食べる。

パパイア肉巻きカツ

<材料>
豚ロース薄切り肉250g(12枚程度)
パパイア1/2個、もしくは乾燥20g
にんじん1/2本
チーズ6枚
クレイジーソルト大さじ1(塩コショウで代用可)
薄力粉適量
溶き卵2個分
パン粉(生パン粉がおすすめ)適量
<作り方>
①肉にクレイジーソルトで下味をつける。
②パパイアは棒状に切る。
※乾燥パパイアのときは、水につけて戻しておきます。
③にんじんは棒状に切って(乾燥パパイアのときせん切り)にして、下茹でする。
④チーズはたて半分に切る。
⑤まな板に肉を広げて、にんじん・パパイアを交互に置き、チーズ、もう一度にんじんとパパイアを交互に置く。
※乾燥パパイアのときは、チーズの上に、にんじんとパパイアを広げます。
⑥手前から、きつめに巻いていく。
⑦⑥を薄力粉→溶き卵→パン粉の順につけて、170~180℃の油で揚げる。
⑧狐色になるまで、揚げる
※最後は少し温度を高めにすると綺麗な色がつきます。

パパイア生春巻き

<材料>
パパイア(乾燥)20g
オリーブオイル大さじ1と1/2
レモン汁大さじ1
砂糖小さじ1/4
塩・こしょう少々
にんじん1/4本
エビ4尾、生ハム4枚
サニーレタス4枚
ライスペーパー4枚
スイートチリソース適量
飾り用レモン適量
<作り方>
①パパイア(乾燥)を水につけて戻す。
②①の水気を切って、レモンマリネ液につける。
③エビは背わたを取って、茹でる。その後、厚さを半分に切る。
④ライスペーパーを水に浸けて戻す。
⑤にんじんはせん切りにして、下茹でをする。
⑥戻したライスペーパーにエビもしくは生ハム、パパイア、にんじん、サニーレタスの順に重ねて
きつめに巻く。
⑦1本を4等分に切り、エビ2つ、生ハム2つずつを盛り付ける。
⑧チリソースをつけて食べる。
※彩りにレモンを添えると綺麗になります。

パパイアミートソースグラタン

<材料>
「グラタン」
パパイア1/4個/じゃがいも1個/マカロニ80g/鶏もも肉120g/玉ねぎ1/2個/ほうれん草50g/ブロッコリー1/2房/にんじん10g/塩3g/こしょう少々/バター16g/ピザ用チーズ20g/パセリ少々

「ミートソース」
牛挽肉160g/玉ねぎ120g/にんじん 40g/にんにく8g/ショウガ8g/サラダ油32g/薄力粉24g/スープストック320g/ケチャップ100g/ウスターソース12ml/塩3g/こしょう少々
<グラタンの作り方>
※オーブンを200℃に温めておく。
①パパイア、じゃがいも、鶏肉は1cm程度の角切りにする。玉ねぎは薄切りにする。
ブロッコリーは小房に分ける。にんじんは花形を抜く。
②マカロニは塩を入れた湯で表示時間ゆでる。
③パパイア、じゃがいも、ブロッコリー、にんじんは下ゆでする。
④フライパンにバターを熱し、鶏肉、玉ねぎを焦がさないように炒め、
玉ねぎが透明になったら③を加える。塩、こしょうで味をつける。
<ミートソースの作り方>
①玉ねぎ、にんじんはみじん切り、にんにく、しょうがは極細かなみじん切りにする。
②鍋にサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを中火で炒め、続いて玉ねぎ、にんじんを加えてサラダにいためる。
③②に薄力粉を振りいて、焦がさないように弱火で混ぜながら、薄力粉が透明になるまでよく炒める。
④火を止め、スープストック、ケチャプ、ウスターソースを入れて混ぜ、再び火にかける。
沸騰したら挽肉を加えてときどき混ぜながらぼってりするまで煮る。
④塩、こしょうで味を調える。ゆでたマカロニと炒めておいた具材を加えて混ぜる。
⑤耐熱皿に盛り、チーズをかける。
⑥オーブンで10分焼く。

青パパイヤのパウダー(パパイヤ茶パウダー)を使ったお菓子

三重県立四日市農芸高校の生徒さんに、青パパイヤパウダーを使ってスイーツを作って頂きました。
“生徒さんの評価は甘くて美味しく出来ました”との事でした。

パパイア蒸しパン

<材料>
薄力粉150g
塩ひとつまみ
ベーキングパウダー小さじ2
卵1個 、砂糖60g
牛乳100ml、サラダ油15g
メープルシロップ適量
パパイア茶パウダー適量
<作り方>
①薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るっておく。
②パパイアはみじん切りにして、メープルシロップと砂糖で煮る。
③ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖を入れホイッパーで混ぜ合わせる。
④卵を溶きほぐし、牛乳を入れよく混ぜる。
⑤②に①を入れ、ゴムべらでよくなじませる。
⑥サラダ油とメープルシロップをよく混ぜる。
⑦パパイア茶パウダーを入れて混ぜる。
⑧ココット皿に紙を敷き、生地を8分目まで入れる。
⑨蒸し器に生地を入れたココット皿を並べ、弱火にして約10分蒸す。

パパイアクッキー

<材料>
無塩バター120g
薄力粉150g
卵1個、砂糖60g
パパイヤ茶パウダー大さじ1
塩ひとつまみ
バニラオイル適量
メープルシロップ適量
アーモンドダイズ適量
<作り方>
①バターを常温に置き柔らかくしておく。
②薄力粉を2回振るっておく
③卵を溶きほぐしておく。
④ボウルに1を入れ、ホイッパーでクリーム状にする。
⑤砂糖を入れ、白くモッタリするまで混ぜる。
⑥卵を少しずつ入れながら、塩・バニラオイル・アーモンドダイズ・メープルシロップを
入れて混ぜる。
⑦②とパパイア茶パウダーを入れ、しっかり混ぜる。
⑧ラップをしき、その上に生地を置き包み、形を整える。
⑨冷蔵庫で冷やす。
⑩触って指の跡がつかないぐらいに冷えたら、包丁で5mm幅で切っていく。
⑪170℃でオーブンを予熱する。クッキーを天板に並べて20分焼く。

パパイアパウンド

<材料>
無塩バター100g
卵2個 、砂糖80g
ベーキングパウダー4g
薄力粉100g
パパイヤ茶パウダー大さじ2
メープルシロップ適量
アーモンドダイズ適量
<作り方>
①パウンド型に敷紙を敷く。
②薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2回振るう。
③卵を溶きほぐしておく。
④バターは常温に置き、柔らかくしておく。
⑤ボウルに④を入れ、ホイッパーでクリーム状にする。
⑥砂糖を加え白くなるまで、しっかり混ぜる。
⑦卵を少しずつ加えて、混ぜる。
⑧メープルシロップとアーモンドダイズを加え混ぜる。
⑨パパイア茶パウダーを⑧に入れしっかり混ぜる。
⑩型に生地を流し入れる。
⑪型を少し上から落とし、空気を抜く。
⑫オーブンは170℃に予熱しておき、40分焼く。
⑬粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
tera farm Blue papaya & papaya tea

Tel090-7046-1236

Fax059-322-4994

Mail form
【直売所営業時間】13:00 - 17:00(季節によって変動あります) ※営業電話はご遠慮ください。

ページの先頭へ