パパイヤ茶の特長&青パパイヤ|パパイヤ茶の通販は【寺田農園】9月末~11月中頃までは青パパイヤも販売中です!

パパイヤ茶の特長&青パパイヤ

美容効果

青パパイヤにはパパイン酵素、ビオチンなどの抗酸化成分が含まれており、美白や保湿など美容に効果的だと言われています。
肌を若々しくする栄養素が豊富に含まれているのでいつまでも美しくありたいと考えている方に特におすすめです!

パパイヤに含まれる主な栄養素

<分解酵素パパイン>
エネルギーになる栄養素を分解し、吸収や消費を助けます。腸に残ったタンパク質の汚れを取り除き、肌を作るための栄養を吸収しやすくしてくれます。
<ビタミンC>
タンパク質と結びつき、弾力の元となるコラーゲン繊維を作ります。活性酸素から細胞を守ります。
<ビタミンE>
血管の中の油汚れをキレイにする働きがあり、肌を作るための栄養が表面まで届きやすくなります。活性酸素から細胞を守ります。
<ビタミンB群>
他の栄養素が肌を作るための代謝を助けます。
<ポリフェノール>
ビタミンやミネラルの働きを助けます。活性酸素から細胞を守り、キレイな肌の元となる健康な細胞を作ることに大きく貢献します。
<カルシウム・マグネシウム>
加齢するにつれて乱れるホルモンバランスを、正常な状態に整える作用があります。

ダイエット

三大栄養素を分解する分解酵素パパインが、ダイエットに効果的だと言われています。
パパインは優れたタンパク質分解酵素で、食べ物の消化を助け、エネルギーに変換されやすくなるように分解してくれます。
青パパイヤにはパパインの他にも脂質を分解するリパーゼや糖質を分解するアミラーゼという消化酵素が含まれています。ひとつの植物がこの3つの分解酵素をあわせ持つのは非常に珍しく、青パパイヤ・パパイヤ葉茶はダイエット効果が期待できる商品として注目されています。

抗酸化能

青パパイヤにはポリフェノールが豊富に含まれており、その含有量はなんと赤ワインの約7.5倍以上と言うので驚きです。
ポリフェノールには抗菌作用や解毒作用もありますが、中でも注目したいのがその抗酸化作用です。
抗酸化作用とは、活性酸素が細胞を傷つけて体を老化させてしまうのを防ぐ作用のことです。美容だけでなく、加齢によるあらゆる体調不良や生活習慣病の予防が期待できます。

がん予防

β-クリプトキサンチン、イソチオシアネート、カルパインなどの有効成分が、ガン予防や治療に有効とされています。免疫細胞の60~70%は腸内にあるため、腸が汚れていると免疫力が弱まります。
分解酵素パパインは腸内をキレイにして免疫細胞を活性化してくれます。ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEには、ガンや成人病の原因になる活性酸素の攻撃から細胞を守る力があります。
ガン細胞は低体温(平熱が35度台)を好むため、体温を上げることもガンの予防になります。
ビタミンB群には代謝をうながし、基礎体温(平熱)を上げる作用があるため、ガン細胞が育ちにくい体を作ることができます。
ビタミンEが血管の中をキレイにしてくれる事で、循環器系の病気(脳卒中など)を予防できます。血管の中がキレイになると体の保温機能が高まり、低体温を好むガン細胞の抑制にも繋がります。

健康維持

ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・食物繊維などの成分が含まれており天然の栄養が豊富で、かつバランスに優れています。
野菜としてフルーツとして日常的にパパイヤを食する事で、健康を維持する効果があります。
栄養成分比較表 ポリフェノール含有量は赤ワインの7.5倍!!
※青パパイヤ ポリフェノール 1600mg/100g
含有量\商品
スッキリ
パパイヤ葉茶
健酵美茶
ポリフェノール
2390mg/100g
3810mg/100g
カルシウム
3130mg/100g
502mg/100g
マグネシウム
1420mg/100g
213mg/100g
ビタミンC
159mg/100g
6mg/100g
カフェイン
検出せず
検出せず
※日本食品分析センター調べ
tera farm Blue papaya & papaya tea

Tel090-7046-1236

Fax059-322-4994

Mail form
【直売所営業時間】13:00 - 17:00(季節によって変動あります) ※営業電話はご遠慮ください。

ページの先頭へ